皮膚科ちえこクリニック

女性皮膚科

スキンケア

2016.11.23

スキンケア

肌を美しく若々しく保つために

美しく健康な肌を保つためには毎日のスキンケアが重要な役割をはたします。
スキンケアの基本は清潔・保湿・紫外線予防です。
これらのケアを正しく行うことが大切です。

清潔
洗顔
 
きれいにしようとして洗顔の時に一生懸命こすっていませんか?
洗いすぎやこすりすぎはひふを刺激して炎症をおこし、しみやにきびの悪化原因になります。
洗顔は毎日のスキンケアの基本。皮膚に負担をかけないように正しい方法で行いましょう。
 
1.手を洗ってきれいにし、顔をぬるま湯や水で濡らしておきます。
 
2.洗顔料を少量ずつ水を加えて泡立て両一杯の泡をつくります。泡立てネットを利用して作ると簡単です。
 
3.泡を手に取り、まずおでこや鼻のTゾーンと顎から→ほほの順におきこすらずにやさしく顔全体をつつむように泡をのばしていきます。
 
4.すすぎは流しっぱなしの水またはぬるま湯で洗います。洗面器などでためた水で洗うとおとした汚れが再度ついてしまいます。
  すすぐ時もこすらないように注意しましょう。
  ※すすぎのこしのないように最後に髪の生え際やフェイスラインに泡が着いてないかチェックしましょう。
 
5.清潔なタオルを顔にやさしくおくようにして水分をふきます。
 
体の洗い方
 
洗顔と同様こすらないことが大切です。
特に、ナイロンタオルでごしごし体をこすると骨のでっぱった部分(鎖骨、肋骨や背骨付近など)に色素沈着をおこします。
これを摩擦黒皮症といいます。(別名 タオルメラノーシス。)
慢性的に皮膚をこするとしみができる原因になります。
 
またナイロンタオルを風呂場においたままにしておくと緑膿菌などの細菌が繁殖して
それを使用して体を洗うと毛のう炎(毛穴に細菌が入って化膿する)がおこることがあります。
 
ナイロンタオルを使う場合は石けんを泡立てるためのみに使用し、立てた泡を手で取って皮膚を洗うようにしましょう。
 
背中などをひとりで洗われる方は泡立てた泡を普通の柔らかいタオルにのせてこすらないように洗いましょう。
 
保湿
 
洗顔や入浴後、皮脂膜が取れ皮膚のバリア機能が低下しますので保湿をしてそれを補うようにします。
保湿剤は刺激のないものを選ぶようにします。
塗った後、赤いぽつぽつした湿疹がでたり、かゆみがでる、しみるなどするものは使わないようにしましょう。
洗顔や入浴後は5~10分以内に塗るのが効果的です。
 
塗る量は1FTUを目安に充分な量を塗るようにしましょう
 
 
紫外線ケア
 
紫外線について
紫外線は太陽から降り注ぐ光で波長により紫外線A波(UVA→UVA1、UVA2に分けられます)、
紫外線B波(UVB)と紫外線C波(UVC)に分けられています。
 
UVCはオゾン層で吸収され地表にはほとんど届かず、UVAとUVBがとどいています。
 
UVAは雲やガラスも通過する紫外線でしみの原因となる他、皮膚の深い部分まで到達して
真皮のコラーゲン線維や弾性線維にダメージを与えしわやたるみの原因になります。
 
UVBは皮膚が短時間で赤くなったり、やけどするような日焼けや徐々に黒くなる原因になります。
 
紫外線ケアのしかた
しみ、しわ、たるみなどの光老化を防ぐにはUVA、UVB共に防御することが必要です。
外出する時は長袖の襟付きのシャツを着るなど肌の露出を減らすとともに、
生活シーンに応じた強さの日焼け止めを使うことが大切です。
 
日焼け止めを選ぶときはUVB防御の目安となるSPF値と
UVA防御の目安となるPA値の表示を確認しましょう。
 
日常生活ではSPF20~30  PA++~+++位でOK
海や山などでレジャーをするときはSPF30以上、PAは++~+++以上を目安にしてください。
 
敏感肌の方は紫外線吸収剤を含まないもの→「ノンケミカル」「吸収剤フリー」等の表示があるもの
にきびのかたはノンコメドジェニックの表示があるもの
お子さんは石けんで洗い流せる日焼け止めを選びましょう。
 
日焼け止めを使うときのポイント
 
・十分な量を塗ること  日焼け止めは使用量が少ないとSPFやPAで表示されている遮光効果を発揮できない可能性があります。
全顔の推奨使用量は0.8gとされていますが、多くの方はこの半分程度の使用量だそうです。リキッドタイプで500円玉大、
クリームでパール粒大2個分位が目安です。パッケージや説明書に記載してある使用量を守って使いましょう。
 
・塗り直しをすること  汗などで日焼け止めがとれたり、時間が経つと日焼け止めの効果が弱くなっていきます。
2~3時間おきに塗り直しすると効果が保たれます。
 
・塗り忘れに注意  顔はしっかり日焼け止めを塗るけどその他の部分は意外にほったらかしという方も多いのではないでしょうか。
顔だけでなく、耳や首すじ、腕など露出する部分は忘れずに日焼け止めを塗るようにしてください。
 

 


LinkIcon 


一覧に戻る 
LinkIcon